債務整理をリサーチ

債務整理をリサーチ

債務整理のお悩み解決相談室

 

債務整理の方法には、主に自己破産・個人再生・任意整理があります。

 

自己破産・個人再生は、裁判所で、基本的に全ての債権者を相手に行う債務整理ですが、今回ご紹介する任意整理は、裁判所外で債権者と話し合いによる和解を目指す債務整理の方法です。

 

また、債務整理は、破産・個人再生と違い債務整理をしたくない、任意整理に応じてくれない債権者をはずして和解の手続をすることができる柔軟な債務整理の方法です。

 

ここでは、和解による合意を行う任意整理についてご紹介します。

 

任意整理をする

 

任意整理は、借金が増えすぎて支払が不可能な状態になるまでに行うことができる債務整理の方法で、ある程度の安定した収入はあるが、今の状態では借金が多すぎて払うことができないけど、貸金業者などの債権者に借金を減額してもらえたらなんとか支払を継続することができるので、債権者に借金の減額と分割払いを認めてもらう手続です。

 

具体的には、借金を利息制限法の金利で引き直し計算し、もし、過払いがあれば過払い金の請求の手続をし、また、和解後の将来利息をカットしてもらい、3〜5年の長期分割払いを認めてもらうよう交渉することになります。

 

任意整理の交渉

 

基本的には任意整理の手続は、より専門的な法律の知識が必要なので、通常弁護士・司法書士などの専門家の事務所に依頼し、債務者本人の代理人として貸金業者と借金の減額・支払いについて交渉することになります。

 

任意整理の依頼

 

債務整理(任意整理)の代理人は、弁護士か司法書士でないと代理交渉することができません。

 

まずは弁護士・司法書士事務所で、任意整理が可能かどうかを無料相談で確認し、あなたの現在の収入状況、借金の状態を調査の上、任意整理可能ということになれば、これらの専門家に依頼します。

 

受任通知

 

任意整理を、弁護士・司法書士に依頼すると、任意整理の交渉をする貸金業者に、債務者の代理人になったこと、必ず弁護士・司法書士まで連絡することなどを内容証明郵便にて通知します。

 

この通知後は、貸金業者は、和解交渉が終わるまで、本人には直接借金の支払い停止、取り立てをすることができず、専門家との和解交渉が始まります。

 

司法書士の制限

 

司法書士が代理人として債権者と和解交渉ができるのは、債権額が140万円以下の場合です。
140万円を超えると、司法書士は債務整理の手続をすることができないので、注意が必要です。

 

弁護士については、このような制限はなく、代理人となることができます。

 

借金の額を確認する

 

弁護士・司法書士が受任通知を出した際に、貸金業者等に対し、今までの取り引き履歴を開示するよう請求します。

 

利息制限法の上限金利(15〜20%)に基づく引き直し計算をし、過払い金の有無の確認、貸金業者等に対する借金の総額がいくらになるかを調査するためです。

 

貸金業者により取り引き履歴を送ってくるまでに1〜3か月ぐらいかかります。

 

任意整理の可否、和解案の作成

 

引き直し計算をして、借金の総額が確定したら、その金額が現在及び将来の収入(親族等に援助してもらっても可)で、返済可能かどうか検討します。

 

つまり、借金の総額を3〜5年かけて無理なく分割払いできるようなら、任意整理が可能となります。

 

任意整理が可能となれば、借金の総額を元に、返済回数・毎月の返済額等について和解案を作成し、貸金業者と和解交渉に入ります。

 

和解交渉

 

任意整理の交渉は、貸金業者に対し和解後の将来利息のカット、遅延損害金の免除などを求めるのが一般的です。

 

任意整理の和解交渉は、貸金業者側の承諾が必要です。

 

債権者としても借金の減額、利息のカット、長期の分割払いなど、譲歩するので、債務者の方も、和解成立後の返済が2回以上遅れると一括払いの請求となること、未払があった以降は遅延損害金が発生することなど、債権者にとっても有利な条件が和解書に盛り込まれることになります。

 

和解書の作成

 

貸金業者と借主の代理人である弁護士・司法書士との話し合いの結果、和解交渉がまとまれば、和解契約を締結します。

 

和解契約書は、和解合意書・債務弁済契約書などの名目で作成されます。

 

 

通常は、以上のような条件で和解合意となりますが、分割払いは認めず一括払いを要求されたり、そもそも貸金業者の会社の方針で任意整理の和解には応じないこともあります。

 

こんな時は、和解に応じない債権者を任意整理の交渉先からはずして、和解できた債権者のみで分割返済を開始することもあります。

 

また、特定の弁護士・司法書士事務所が取り扱う任意整理については和解交渉に応じないという場合もあります。
このときは、そもそも任意整理ができないので、和解交渉する事務所を変更するしかありません。

 

返済開始

 

和解契約が締結されたら、和解した貸金業者への返済が始まります。

 

和解した業者が多いときは、代理交渉してくれた弁護士・司法書士事務所に返済額の総額を振り込み、事務所のほうから各貸金業者へ支払をしてもらうと、毎月の返済し忘れを防止できるので、支払に専念できていいかもしれません。

 

返済完了(完済)

 

3〜5年かけて、毎月返済を続けることで、ようやく支払いが完了することになります。

 

任意整理をするとブラックリストに載り、借金の借り入れ、クレジットカードの使えないなどの制限が5年くらいありますが、こちらもようやくそのような制限からも解放される時期になり、心機一転、新しい生活が送れるようになります。

 

続きを読む≫ 2017/09/20 06:34:20

 

債務整理相談

 

返済しきれない借金ができてしまうと、どうしたらいいかわからず、途方に暮れてしまうことになります。

 

借金の問題を解決することを債務整理といいますが、債務整理をするには法律の知識が必要で、法律に自信がある人以外は、債務整理の唯一の専門家である専門家である弁護士・認定司法書士に相談して、代理人として動いてもらうように依頼するようにしてください。

 

まずは、無料の電話相談かメール相談で

 

債務整理相談

 

最近は、債務整理を専門とする弁護士・司法書士事務所が増えてきました。

 

そういう事務所は取扱件数もたくさんあり、様々なケースを経験している経験と実力を持っているので信頼できる事務所と判断できるので、あなたにあった債務整理の方法を提案してくれると思います。

 

 

信頼できる事務所に目安としては、インターネットで「債務整理 無料 電話相談 メール相談」で検索してヒットするサイトで紹介されている事務所ならまず大丈夫です。

 

 

次に「[弁護士・司法書士事務所] 懲戒」と検索してみます。

 

懲戒というと、法律に違反し除名という場合だけでなく、業務停止・戒告という処分があります。

 

その理由として債務整理の場合だと「過大な報酬を請求した」「怠慢な事件処理 、事件放置」「事務員に処理させる」「事件和解金の清算をしない」「預かり金と報酬の管理が会則に違反 」など、信頼関係を破壊する不誠実な対応をした場合などがあります。

 

これで、誠実な事務所かどうかチェックできます。

 

 

さらに「[弁護士・司法書士事務所] 評判」と検索してみます。

 

検索結果に悪評がずらっと並んでいるようでしたらちょっとだめですが、気になるほどでなければ大丈夫です。

 

まずは24時間無料の電話相談

 

債務整理相談

 

債務整理に強くて信頼できると思える弁護士・司法書士事務所がわかったら、さっそく相談してみましょう。

 

借金問題は先に延ばすほど、解決が困難になってくるので、早いほどいいと思います。

 

上記で検索した事務所なら、ほぼ無料の電話相談に乗ってくれます。
24時間対応、祝祭日も対応、フリーダイヤルで電話料金がかからないところもあります。

 

仕事の都合で日中は無理という方でも夕方、夜間に相談に乗ってくれる事務所は助かります。

 

また、メール相談もありますが、まずは自分の現状を詳細に伝えることができる電話での相談が解決への近道です。

 

電話で話せばその事務所の雰囲気もわかりますし、信頼できる、自分の合った専門家なのかについてもある程度確認できます。
電話で謝金について詳細に説明し、聞いてもらい、的確なアドバイスをもらえそうだと判断したら、面談の予約をして相談に行きます。

 

面談時にはどんな書類を準備していったらいいかなど、確認するようにしてください。

 

かならず専門家と面談

 

債務整理相談

 

面談は、弁護士・司法書士など専門家にしてもらいましょう。

 

現在の借金の状況を詳細に伝え、どういう債務整理の方法を選択すればいいかを判断してもらいます。

 

通常は、任意整理の方法で借金を減らせていけないかを検討し、それでもだめなら個人再生、借金返済が不可能と判断されたら自己破産の手続を検討することになります。

 

その際には、債務整理に必要な費用がどのくらいになるか、分割が可能かなどについてもしっかり確認してください。

 

できれば、複数の事務所に連絡し、専門家に面談してもらい、自分との相性も含め、依頼先を検討するのがいいでしょう。

 

弁護士・司法書士に依頼する

 

債務整理相談

 

この専門家に債務整理を任せても大丈夫と確信したら、手続を依頼します。

 

弁護士・司法書士事務所は、債務整理の手続の依頼を受けたら、債務整理をする貸金業者に「債務整理の手続の代理人として委任を受けた」ので以後は弁護士・司法書士に連絡してくださいという通知を出します。

 

すると、貸金業法の適用がある貸金業者等は、取り立ての停止、取り立てのための電話、FAX、直接の取り立てをすることができなくなり、債務整理をじっくりとすることができるようになります。

 

続きを読む≫ 2017/07/27 05:17:27

債務整理をすると、貸金業者等を通じて信用情報機関であるJICC(株式会社日本信用情報機構)・CIC(株式会社シー・アイ・シー)・KSC(全国銀行個人信用情報センター)に債務整理をしたという事故情報が登録されて新たな借り入れや、クレジットカードが作れなくなったりする状態のことを「ブラックリストに載る」といいます。

 

 

実際に債務整理をした人の名簿(ブラックリスト)が存在するわけではありません。

 

JICCは消費者金融系の貸金業者が、CICは信販系・クレジットカード系の貸金業者が、KSCは、銀行・農協、保証会社、銀行系のクレジットカード会社の金融業者等が主に加盟し、ka貸金業者は、これらの信用情報機関に1カ所または複数に登録しています。

 

JICC・CIC・KSCは、新規の借り入れの際に、信用情報機関の信用情報を確認し、事故情報があれば、与信が得られないということになり、お金を貸してもらえません。

 

また、それぞれ信用情報機関はネットワークで相互の信用情報を共有しているので、どこかの信用情報機関に事故情報があると借りることができない場合がある、というわけです。

 

 

ブラックリストに載る期間

 

ブラックリストに登録される期間は、信用情報機関と債務整理の方法により変わります。

 

信用情報(ブラックリスト)に載っている期間中は、基本的に借り入れやカードを作りことができません。

 

その期間ですが、

 

JICCは、自己破産・個人再生・任意整理とも5年です。

 

CICは、自己破産は5年、個人再生・任意整理はCICのよくある質問にもあるように掲載されません

 

KSCは、自己破産・個人再生は10年、任意整理は載りませんが、保証会社による代位弁済の事故情報は載ります。

 

自分の信用情報を調査する

 

自分の信用情報が現在どのようになっているかは、各情報機関に情報開示請求をすれば、わかります。

 

ネット・郵送・直接行く、などの方法があります。

 

また、手数料を払って不利な信用情報を消してもらうことは絶対できませんが、誤った情報については訂正のための調査を依頼することは当然できます。

 

続きを読む≫ 2017/05/21 16:36:21

 

債務整理の費用については、それなりの額がかかってくるので対応に苦慮する場合もあるでしょう。
まして、借金の返済に苦しんでるから、なおさら無理と考えるかもしれません。

 

しかし、そうした場合でも最近は安心で、相談すれば費用を分割払いで対応してくれる事務所が増えてきました

 

分割に際しては、6カ月以内で費用の支払いを終えなければならないところが多いのですが、その辺のところも柔軟に対応してくれるので、一度相談してみることです。

 

もちろん、返済を続けながら、債務整理の費用も同時に払うことは不可能なので、そこら辺は司法書士・弁護士事務所もわかっていますから、任意整理を手続きする場合、債権者への返済と事務所への費用支払いの時期が重ならないよう配慮してくれます。

 

まずは弁護士・認定司法書士に相談すること

 

弁護士・認定司法書士(司法書士は法務省の認可を受けた方しか代理ができない)に無料相談して、自分の借金事情を詳しく説明し、どういう債務整理の方法がベストなのか詳しく話を聞き納得したうえで、依頼します。

 

で、実際に弁護士・認定司法書士に債務整理の依頼をすると、まず貸金業者(債権者)に、債務者本人から債務整理の相談を受け代理人になったので、これからは私と交渉してくださいという趣旨の「受任通知」を送ります。

 

催促、取り立てが止まる

 

弁護士・認定司法書士に委任し、受任通知以降は貸金業者からの借金の取り立て・催促は止まり、安心できる生活が一時的ではありますが送れるようになります。

 

なぜ取り立てが止まるかというと、貸金業法第21条第1項(取立行為の規制)があるからです。

 

この規定に違反すると、貸金業者等は、懲役刑・罰金刑・業務停止・貸金業の取り消しなど重いペナルティを受けることになるからです。

 

貸金業者のほかにも債権回収会社にも同様の規定があります。→債権管理回収業に関する特別措置法第18号第8項

 

取引履歴を入手する

 

弁護士・認定司法書士から貸金業者に受任通知を送ることから債務整理の手続が開始するのですが、まずは、各債権者から「取引履歴」を入手します。

 

取り寄せた取引履歴を見て、利息を利息制限法による正しい金利に引き直し計算をし、過払い金があるかどうかなどをチェックし、各貸金業者等(クレジット会社、消費者金融など)の借金の額を確定します。

 

ただ、弁護士・認定司法書士が受任通知を出してから取引履歴の請求すると、債務整理のために請求したということになり、信用情報機関に事故情報に登録される(いわゆるブラックリスト登録される)ことになるので、受任通知を出す前に本人が取引履歴を取り寄せた方がいいかどうかの判断は弁護士・認定司法書士に任せましょう。

 

この結果をみて、最終的にどういう債務整理の手続を進めるか、つまり、任意整理で交渉するか、自己破産の申立をしないといけないか、個人再生でいけるのかを見極め、その方針に添った手続を開始します。

 

まずは債務整理の費用の支払い

 

取り引き履歴の取り寄せは業者によって送ってくるまでの日数にばらつきがあります。
比較的速く送ってくるところもあるし、2か月先になる場合もあります。

 

取り引き履歴を集めて返済額を確定させ、それから貸金業者等と個別に任意整理の交渉に入るか、自己破産・個人再生の手続をすすめるか判断します。

 

その判断期間が、だいたい2〜6か月あり、その間は貸金業者等への支払はストップしているので、その間に、弁護士・認定司法書士への費用の支払いを分割払いで済ませた後に、債権者への支払いを開始するよう取り計らってくれるので安心です。

 

債権者への和解後の支払いについては、タイミングを図って遂行してくれるので心配はありません。

 

債務整理の費用の分割対応について

 

債務整理の費用を抑えるために、着手金無料の事務所を選ぶのも悪くはないのですが、分割払いに対応してくれる事務所を選ぶことはより大事といえます。

 

それを重視すべきなのは、着手金無料でもすぐに債務整理に取り掛かってくれないところがあるからです。

 

現在、多くの認定司法書士事務所や弁護士事務所では、債務整理をするにあたって費用が払えない人のために、費用の分割払いが可能となっています。

 

そのため、債務整理を検討しているなら、初期費用のことはあまり考えず、まずは司法書士や弁護士に相談してみましょう。

 

続きを読む≫ 2017/03/31 13:43:31

債務整理全般のデメリットについて

 

債務整理のデメリットと、調べる人に対しての共感をチェックする

 

あなたは債務整理の手続きをする際のデメリットを把握していますか?
また、債務整理というと自己破産と思っていませんか?

 

債務整理=自己破産、つまり債務整理したら、マイホームを奪われ、車は処分されてしまう・・などなど、こんな厳しいデメリットがあると・・・

 

もちろん債務整理にはいろいろなデメリットがありますが、債務整理の方法もいろいろな選択肢があるんです。
これがわからずに間違った債務整理をしてしまうと、債務整理後の生活設計が狂ってしまうことになるので、まずはネットなどで検索して検討してみなければなりません。

 

債務整理について考える

 

債務整理の法的な手続きとして、4つの方法があります。
任意整理・個人再生・自己破産・特定調停です。

 

現在よく利用されているのは、任意整理・個人再生・自己破産で、特定調停は、任意整理とほぼ効果はかわらないのに、裁判所を通じるため手続きも煩雑で、貸金業者との和解率が約3%と低く、効果もあまりないので、より柔軟に債権者と交渉できる任意整理がよく利用されています

 

とはいっても、任意整理一択が債務整理の方法ではなく、債務整理をする各人のケースにより、任意整理・個人再生・自己破産のいづれか最適な債務整理の方法を選ぶ必要があります。

債務整理のメリット・デメリットを把握する

 

債務整理のメリット・デメリットを把握する

 

任意整理・個人再生は、借金を減額して返済できる、自己破産は借金が免除されるが最大のメリットです。

 

デメリットの方は、各債務整理の方法により微妙に違うのですが、このデメリットを押さえておいてば大丈夫というものを紹介します。

 

債務整理の全体的なデメリット

 

借りたお金を返す事は人として当たり前の事ですが、増えすぎた借金でどうにもならなくなる事もあります。

 

そんな時には、法律で認められた手続である「債務整理」を利用する事で、一気に問題を解決できるかもしれません。

 

しかし、元々の借金を一部でもなかったことにする債務整理を行って、なにもデメリットが発生しないという事はないでしょう。
場合によっては、日常生活に支障をきたす可能性もあるので、本当に行わなければならないかどうか、債務整理をする前に事前に確認しておく事が求められます。

 

最も有名なデメリットとしては、ブラックリストへの登録があるでしょう。
ブラックリストへの登録とは、信用情報機関であるJICC・CIC・KSCという組織に、債務整理(自己破産・個人再生・任意整理など)の事故情報として登録されることをいいます。
ここに登録されると、5〜10年は削除することはできないので、クレジットカードが作れないとか、カードが使えないなどのデメリットがあります。

 

こういったデメリットを事前にチェックしておかないと、借金でどうにもならなくなったから債務整理をしたのに、更に借金をすることになりかねないという、おかしな話になりますからね。

 

でも、債務整理をして借金を減額・免除してもらう手続きですから、これは、デメリットというより当然の話といえます。
また、デメリット・制限を受けるのは債務整理を行った本人のみで、基本家族にまで影響が及ぶようなことはありません

 

あと、巷で耳にした事があるかもしれませんが、債務整理をしたからと言って年金が受給できなくなるようなことはないので安心しましょう。
また、会社をクビになるという事も基本的にはありません

 

債務整理におけるデメリットは、主に借金絡みのものが多いのですが、中には特定の職業への就職に対する制限も存在します。
自己破産の場合に、警備会社の警備員になれないというのは、納得かもしれませんね。

 

続きを読む≫ 2016/12/21 06:55:21

ホーム RSS購読 サイトマップ