債務整理 ブラックリスト

債務整理をするとブラックリストに載るということは?

ブラックリストに載るとは?

債務整理をすると、貸金業者等を通じて信用情報機関であるJICC(株式会社日本信用情報機構)・CIC(株式会社シー・アイ・シー)・KSC(全国銀行個人信用情報センター)に債務整理をしたという事故情報が登録されて新たな借り入れや、クレジットカードが作れなくなったりする状態のことを「ブラックリストに載る」といいます。

 

 

実際に債務整理をした人の名簿(ブラックリスト)が存在するわけではありません。

 

JICCは消費者金融系の貸金業者が、CICは信販系・クレジットカード系の貸金業者が、KSCは、銀行・農協、保証会社、銀行系のクレジットカード会社の金融業者等が主に加盟し、ka貸金業者は、これらの信用情報機関に1カ所または複数に登録しています。

 

JICC・CIC・KSCは、新規の借り入れの際に、信用情報機関の信用情報を確認し、事故情報があれば、与信が得られないということになり、お金を貸してもらえません。

 

また、それぞれ信用情報機関はネットワークで相互の信用情報を共有しているので、どこかの信用情報機関に事故情報があると借りることができない場合がある、というわけです。

 

 

ブラックリストに載る期間

 

ブラックリストに登録される期間は、信用情報機関と債務整理の方法により変わります。

 

信用情報(ブラックリスト)に載っている期間中は、基本的に借り入れやカードを作りことができません。

 

その期間ですが、

 

JICCは、自己破産・個人再生・任意整理とも5年です。

 

CICは、自己破産は5年、個人再生・任意整理はCICのよくある質問にもあるように掲載されません

 

KSCは、自己破産・個人再生は10年、任意整理は載りませんが、保証会社による代位弁済の事故情報は載ります。

 

自分の信用情報を調査する

 

自分の信用情報が現在どのようになっているかは、各情報機関に情報開示請求をすれば、わかります。

 

ネット・郵送・直接行く、などの方法があります。

 

また、手数料を払って不利な信用情報を消してもらうことは絶対できませんが、誤った情報については訂正のための調査を依頼することは当然できます。

 

債務整理をしてブラックリスト状態でも使えるクレジットカード

 

ブラックリストに名前が載ってしまうと、色々不便なことが増えます。

 

銀行をはじめとした金融会社でお金を借りることができなくなりますし、クレジットカードも新規に持つことができません。
要するに、信用を担保に利用していたサービスが受けられなくなるということです。

 

債務整理という事故を起こしたのですから仕方のない話かもしれませんが、現時点で持っているクレジットカードは今後も使えるのでしょうか。

 

残念ながら、ブラックリストという状況にあって使えるクレジットカードは存在しません

 

持っているクレジットカードが、債務整理をした瞬間から使えなくなるかどうかは分かりませんが、近いうちに使えなくなります。
タイミングとしては、カードの更新時期とか、臨時のチェックが入った時などです。

 

信用できない状態として報告された結果がブラックリストですから、仕方ありませんね。
ただ、ブラックリストの期間は無限ではないので、クレジットカードが一生使えないというようなことはありません。

 

これは債務整理によって生じる信用情報機関でのブラックリストの話であり、カード会社の判断とはまた別です。

 

 

信用情報機関のブラックリストは最長でも5〜10年となっており、それ以降はクレジットカードが使えるように設定されています。

 

もちろん、収入があるなど信用状態が回復していることが大前提です。

 

しかし、そもそもの原因である債務整理を行うに至った債務元であるカード会社の評価は厳しいものです。

 

信用情報機関(ブラックリスト)からは、一定の期間が過ぎれば削除されますが、債務整理をしたカードの会社のブラックリストからは一生解除されることはない、と言われているので、新たなカードを作る時は、債務整理をした会社では発行してくれることはまずないので、申し込まないようにしないといけないことになります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ