債務整理 任意整理 和解

債務整理をする!任意整理の和解とは?

債務整理をする!任意整理の和解とは?

 

債務整理の方法には、主に自己破産・個人再生・任意整理があります。

 

自己破産・個人再生は、裁判所で、基本的に全ての債権者を相手に行う債務整理ですが、今回ご紹介する任意整理は、裁判所外で債権者と話し合いによる和解を目指す債務整理の方法です。

 

また、債務整理は、破産・個人再生と違い債務整理をしたくない、任意整理に応じてくれない債権者をはずして和解の手続をすることができる柔軟な債務整理の方法です。

 

ここでは、和解による合意を行う任意整理についてご紹介します。

 

任意整理をする

 

任意整理は、借金が増えすぎて支払が不可能な状態になるまでに行うことができる債務整理の方法で、ある程度の安定した収入はあるが、今の状態では借金が多すぎて払うことができないけど、貸金業者などの債権者に借金を減額してもらえたらなんとか支払を継続することができるので、債権者に借金の減額と分割払いを認めてもらう手続です。

 

具体的には、借金を利息制限法の金利で引き直し計算し、もし、過払いがあれば過払い金の請求の手続をし、また、和解後の将来利息をカットしてもらい、3〜5年の長期分割払いを認めてもらうよう交渉することになります。

 

任意整理の交渉

 

基本的には任意整理の手続は、より専門的な法律の知識が必要なので、通常弁護士・司法書士などの専門家の事務所に依頼し、債務者本人の代理人として貸金業者と借金の減額・支払いについて交渉することになります。

 

任意整理の依頼

 

債務整理(任意整理)の代理人は、弁護士か司法書士でないと代理交渉することができません。

 

まずは弁護士・司法書士事務所で、任意整理が可能かどうかを無料相談で確認し、あなたの現在の収入状況、借金の状態を調査の上、任意整理可能ということになれば、これらの専門家に依頼します。

 

受任通知

 

任意整理を、弁護士・司法書士に依頼すると、任意整理の交渉をする貸金業者に、債務者の代理人になったこと、必ず弁護士・司法書士まで連絡することなどを内容証明郵便にて通知します。

 

この通知後は、貸金業者は、和解交渉が終わるまで、本人には直接借金の支払い停止、取り立てをすることができず、専門家との和解交渉が始まります。

 

司法書士の制限

 

司法書士が代理人として債権者と和解交渉ができるのは、債権額が140万円以下の場合です。
140万円を超えると、司法書士は債務整理の手続をすることができないので、注意が必要です。

 

弁護士については、このような制限はなく、代理人となることができます。

 

借金の額を確認する

 

弁護士・司法書士が受任通知を出した際に、貸金業者等に対し、今までの取り引き履歴を開示するよう請求します。

 

利息制限法の上限金利(15〜20%)に基づく引き直し計算をし、過払い金の有無の確認、貸金業者等に対する借金の総額がいくらになるかを調査するためです。

 

貸金業者により取り引き履歴を送ってくるまでに1〜3か月ぐらいかかります。

 

任意整理の可否、和解案の作成

 

引き直し計算をして、借金の総額が確定したら、その金額が現在及び将来の収入(親族等に援助してもらっても可)で、返済可能かどうか検討します。

 

つまり、借金の総額を3〜5年かけて無理なく分割払いできるようなら、任意整理が可能となります。

 

任意整理が可能となれば、借金の総額を元に、返済回数・毎月の返済額等について和解案を作成し、貸金業者と和解交渉に入ります。

 

和解交渉

 

任意整理の交渉は、貸金業者に対し和解後の将来利息のカット、遅延損害金の免除などを求めるのが一般的です。

 

任意整理の和解交渉は、貸金業者側の承諾が必要です。

 

債権者としても借金の減額、利息のカット、長期の分割払いなど、譲歩するので、債務者の方も、和解成立後の返済が2回以上遅れると一括払いの請求となること、未払があった以降は遅延損害金が発生することなど、債権者にとっても有利な条件が和解書に盛り込まれることになります。

 

和解書の作成

 

貸金業者と借主の代理人である弁護士・司法書士との話し合いの結果、和解交渉がまとまれば、和解契約を締結します。

 

和解契約書は、和解合意書・債務弁済契約書などの名目で作成されます。

 

 

通常は、以上のような条件で和解合意となりますが、分割払いは認めず一括払いを要求されたり、そもそも貸金業者の会社の方針で任意整理の和解には応じないこともあります。

 

こんな時は、和解に応じない債権者を任意整理の交渉先からはずして、和解できた債権者のみで分割返済を開始することもあります。

 

また、特定の弁護士・司法書士事務所が取り扱う任意整理については和解交渉に応じないという場合もあります。
このときは、そもそも任意整理ができないので、和解交渉する事務所を変更するしかありません。

 

返済開始

 

和解契約が締結されたら、和解した貸金業者への返済が始まります。

 

和解した業者が多いときは、代理交渉してくれた弁護士・司法書士事務所に返済額の総額を振り込み、事務所のほうから各貸金業者へ支払をしてもらうと、毎月の返済し忘れを防止できるので、支払に専念できていいかもしれません。

 

返済完了(完済)

 

3〜5年かけて、毎月返済を続けることで、ようやく支払いが完了することになります。

 

任意整理をするとブラックリストに載り、借金の借り入れ、クレジットカードの使えないなどの制限が5年くらいありますが、こちらもようやくそのような制限からも解放される時期になり、心機一転、新しい生活が送れるようになります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ